制気口とダクトの関係とは?制気口の種類を紹介

ダクトというと、一般的にイメージするのはビルの外などにある銀色の箱型の物ではありませんか。
換気扇から吸い込んだ油などの排気を外に出すイメージがありますが、実はダクトはそれだけではありません。

ここでは、オフィスなどの大きな施設の空気を調整し送り届ける空調用のダクトと制気口の関連性についてご説明します。

空調用ダクトとは

冷却塔(クーリングタワー)や加熱兼冷却塔(ヒーティングタワー)で作られた熱や冷気を室内に送り込むのが主な役割。
空気を繰り込むだけでなく古くなった空気を吸い外に排出することや、再度冷却塔や加熱兼冷却塔に戻すことも仕事です。

制気口ダクトは大抵天井裏に取り付けてあることが多く、目にすることがあまりありませんよね。
忘れられがちなダクトですが、ダクトの性質を活かすことで空調の効き方も変わってくるため、重要な役割をしています。

制気口ダクトの種類

種類1.角ダクトについて

一般的に、ダクト内の風速が15m/s以下で静圧が500Pa以下の低速ダクトに使われています。

騒音防止や省エネ、経済性が高いため、低速ダクトが空調設備の多くで採用されることが多いのが特徴です。
名前の通りダクトの形は四角い形をしており、正方形に近いほど空気抵抗が少なく効率的に空気を運ぶことができます。

施工がプロでないと難しいということや、丸ダクトに比べ大きいことが欠点ですが、施工に時間がかからないのも魅力のひとつです。

種類2.丸ダクトについて

一方、丸ダクトは空気抵抗がとにかく少ないことが特徴。
そのため、ダクト内の風速が15m/s以上の高速ダクトに採用される場合に使われます。

空気抵抗が少ないのはもちろん、角ダクトに比べ大幅にサイズを小さくすることができるため天井空間を広く使うことが可能。

しかし、騒音が発生しやすいという欠点があり、いかに消音をするかということが丸ダクトの課題になるポイントです。

各種ダクトの導入なら空研工業

制気口とは

オフィスや商業施設などの空調の吹出口や吸込口などを総称したものを制気口といいます。
私たちが目にすることができ、ダクトと呼んでいるのは制気口まで空気を通す配管のことです。

快適な室内空間をつくるため、空調を吹き出す吹出口には効率よく空調を室内に届けることが重要課題。
様々な種類が用意され、施設に合わせた種類の吹出口を選ぶことが可能となっており、オーダーメイドもしています。

室内にとりつける製品のため、効率性はもちろんデザイン性も問われる製品です。

制気口の役割

制気口は外の空気を取り入れ、中の空気を排出することにより常にきれいな空気を室内に循環させてくれるものです。
空気の特性を活かし、空間の用途や目的にあわせた機能があります。

  • 丸ダクトでの騒音を制気口の消音機能をつかうことで、高配給される空気を静かに素早く室内におくりとどけること。 
  • 下から噴出させることでエアカーテンの役目を果たし、ごみ等を室内にいれないようにすること。
    ダクトからの風を制気口で均一にし、高配給される空気を静かに素早く室内におくりとどけること。
  • ただ空気を循環させることだけでなく、快適な室内空間を過ごせるように工夫しているのが制気口の役割です。

    制気口ダンパー大学

    空気循環に欠かせない制気口。密閉空間や窓が開けられない場所にはなくてはならないものになりますが、取り扱うメーカーもさまざ…

    制気口の種類

    制気口には様々な種類がありますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
    実際の種類と特徴、扱われやすい施設などについてご紹介します。

    ユニバーサル・グリル型の構造

    天井や壁につけるシンプルなデザインの制気口。
    H・V型やVH・HV型などがあり、Vはタテ、Hはヨコを意味しています。

    その名の通りタテやヨコ開きの羽がついているのが特徴的で、羽を動かすことにより風量や風向きを調整することが可能です。

    また、シャッター付きのものなどもあり、個々に合わせた調整もできます。
    場所をとらないため、オフィスはもとより様々な場所で最も採用されている制気口です。

    吐出口だけでなく吸込口として扱うこともできるので、フィルター付きのものなどもあります。
    シンプルかつ有能な制気口の種類です。

    アネモ(アネモスタット)型の構造

    アメリカのアネモスタット社が作ったことから、アネモ型と呼ばれていますが正式名称はシーリングディフューザーです。
    ラッパのような形が特徴的で、ラッパ状の羽根が何層にもなっていることで風を放射線状に拡散させます。

    多くの空気を吹出し拡散させることができるため、大きな商業施設(ショッピングモールなど)天井の高いところに設置されています。

    ライン型の構造

    細長い線状の形をしているのがライン型の特徴。
    すっきりしたデザインで場所を取らないため、窓際や外気の影響を受けやすいペリメーターゾーンなどにも採用されます。

    まっすぐな風を吹き出すことが可能で、出入り口付近でのエアカーテンとしても使用可能です。
    空気抵抗が少なく静かななのも魅力ですが、到達距離を長くできるため広い空間でもしっかりと空調を利かせることができます。

    ノズル型の構造

    ノズル型の吹出し口は、大風量を出せるのが特徴です。
    丸型のスパイラルダクトに直接つけられることも可能で、静かなのが魅力。

    そのため、劇場や体育館などの天井が高いところに取り付けられています。

    ストレートや拡散など風量調節が可能なタイプもありスポット空調としても使うことが可能。
    そのため、レストランなどの熱風が溜まりやすい厨房でも重宝される吹出し口です。

    まとめ

    ダクトと制気口の関係についてご紹介しました。
    切っても切れない関係のダクトと制気口ですが、組み合わせ方次第で空調をより快適に扱うことができます。

    種類や組み合わせが多いため、一般的な知識だけで最適な部品を選ぶのは至難の業。
    そんなときはプロに相談して、場所に最適なダクトと制気口を選ぶことをオススメします。

    制気口とダクトの導入なら空研工業

    NO IMAGE
    CTR IMG

    〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
    TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122