制気口におけるサイズの計算方法と選定基準を解説

空調や厨房などに設置されているフードなどの制気口には、さまざまな種類のものがあります。
どのような基準で、選定をすれば良いのかわからない方もいるでしょう。

こちらでは制気口とはどんなものか、構造、仕組み、サイズを選定する際の計算方法はどうしたら良いのかなどを紹介していきます。
これから制気口を使用する方などは、ぜひ参考にしてみてください。

制気口とは

空調を取り付ける際に使用するのが制気口というもので、さまざまな形をしたものがあります。

吹出口や吸込口などが付いているのを見たことがある方も多いと思いますが、それらすべてをひっくるめて制気口と呼んでいます。

家庭でいうエアコンも、自分が設定したい温度に簡単に操作できるのは実はこういった吹出口や吸込口があるからです。

エアコンの場合は一体型になっている場合がほとんどですが、空調の場合は別々になり天井などに付いています。
サイズだけでなく機能性やデザインなどを考慮して、室内に合ったものを選べます。

さまざまな構造の制気口がある

空調に合わせ、さまざまなデザインやサイズ、形の中から選べます。
こちらではいくつか、制気口の種類を紹介していきます。

ライン型と呼ばれる制気口(CL)

遠くまで空調の風を送りたいときにぴったりな構造になっていて、さらに静かなため人気が高いです。
部屋の大きさやどこまで風を届けたいかで、任意のL寸法を決められます。

グリル型と呼ばれる制気口(HSやVS)

風が届く距離を自由自在に変えたいというときにはぴったりな構造で、耐久性の高いアルミでできているためこちらも人気です。

取り付けた後の稼働羽根の角度を変更させられるため、横に向けてより遠くに風がいくようにもできますし、縦に向けて近くを暖めることも可能です。

グリル型と呼ばれる制気口(VHSやHVS)

こちらも先ほどのものと仲間ではありますが、稼働羽根が縦にも横にもあるので、さらに自分たちが向けたい方向に風を送ることができます。

HSやVS同様にシャッターも付いているため、風を弱くも強くも調節できます。

ほかにもさまざまなタイプの制気口があり、比べてぴったりなタイプを選べるのでカタログなどを参考にしてみましょう。

制気口の役割

空調を設置するうえで、制気口の役割は大変大きなものとなっています。
風を室内に取り入れるときには吹出口を使い、逆に外へと出す際の吸込口が快適に稼働しているからこそ、ビルなどの建物、室内の中で快適に過ごすことができるのです。

古くなってしまい淀んだ空気を外に出してくれるからこそ、全開に窓を開けなくても室内が快適な環境にもなります。

サイズの選定や計算をする際は、どのような目的や用途で使用したいのかで変わってくるので覚えておきましょう。

逆に外へと出す際の吸込口が上手に稼働しない場合、室内の中も空気が悪く息苦しい室内になります。
環境も悪化させてしまい、空調もベストな状態で効かなくなってしまいます。

しっかりと両方が稼働することで、空調などの冷暖房機器が正常に動く作用もあるのです。

吹出口の仕組み

ビルなどの大きい建物での空調は、アネモスタットと呼ばれるタイプが多いです。

どんな仕組みになっているかというと、コーンと呼ばれる部分を上下させることで風の流れを調節できます。
夏と冬では温めたい箇所も変わるため、このコーンで風向きの切り替えを行います。

冬は足元まで寒いと感じやすいため、頭などの上半身だけでなく床まで風が来るように垂直にする場合がほとんどです。

逆に冷房の場合、床まで風が来るようにというよりは、全体的に風がいき涼しくなるよう水平に向ける場合が多いです。

ライン型というものもあり、稼働羽根つきのものは風の流れを変えられます。

さらにフィルター付きのものや風量調整羽根付のものなどあり、便利です。

制気口のサイズ選定の方式

ここからは制気口のサイズをどう計算するのか、具体的に説明していきます。

まず吸込口のサイズを決めたいときには、取り付ける1個あたりの風量を決めるところから始めます。

そして風が吸い込まれるときの騒音がどのくらいになるのか、確認してみなければなりません。

吹出口は風の向きなどでも変わってくるため、ある程度どのような気流にするのか操作が必要となってしまいますが、吸込口は関係ありません。

吹出口は、風がどこまで届くのか拡散範囲と到達の距離を見ていかなければなりません。

配置をどこにして個数は何個がベストかも考え、推奨されている風速なども参考にしてサイズを決定していきます。
部屋に合ったデザインを選びたいときには、さまざまな形のタイプがあるのでこだわってみても良いでしょう。

実際にわかった風量をカタログなどに乗っている算定表と照らし合わせ、サイズをどうするか決定していきます。

風速などを注意しないで計測しないで適当なサイズを選んでしまうと、後から失敗してしまうかもしれません。
制気口を設置する際には、サイズを計算して選定するのも重要です。

制気口の導入なら空研工業

だいたい風の速度も目安として決まっているものがありますので、設計基準書などを参考にするとよいでしょう。

カタログに記載されている風速について

目安となる風速には、吹出風速のほかにネック風速と呼ばれるものも記載されています。
吹出口のおもて面で計測ができる場合は吹出風速として記載されますが、製品によっては、ネック風速で表されているので覚えておきましょう。

ネック風速を求める際は、ダクトの断面積で決まってしまいます
吹出風速の場合、求める方式としては、開口面積×開口率で計算をします。

風速や風量はどのように計算しているのか

風速を求める場合、風量と有効開口面積の関係式で求められます。

給排気口の開口面積と開口率をかけると、有効開口面積が出てきます。
これは風量/風速×3600と一緒です。

そしてこれを変形し、風速は風量/有効開口面積×3600となります。

給排気口の開口率はどう決まっているのか

カタログなどを見ると一発で数値が載っていて便利ではありますが、開口率は給排気口面積を純粋に載せているのではなく、枠部分を引いた面積に対する値になっています。

枠部分を忘れてしまうと、実際には枠部分も合わせての大きさとなってしまい予想していた数値と違うものが出てしまう可能性があるのです。

その点には注意をして、カタログの数値を参考にすると楽に計算ができます。

拡散する範囲もカタログを参考にしよう

どのくらい空気が広がっていくかわからないという場合は、カタログを見るとどのくらいの範囲を拡散していくのかわかります。

距離がどうか、拡散の半径などについても載っていて参考になります。

拡散する範囲については、隣に設置する吹出口と一緒にならないようにすることも大切です。
拡散範囲が重なった場合、ドラフトなどの原因になってしまい、設置を失敗してしまいます。

どのように広がるのか、重なってしまわないかも注意しながら吹出口のサイズや距離、大きさを選定していきましょう。

設置前にしっかりと到達距離の確認もしよう

せっかく空調の吹出口から空気が出ても、ここまでは風が来てほしいというところまで到達しなければ意味がありません。

グリルの場合は、設置したところから対向面までの距離、さらにシーリングディフューザーの場合は天井面から床上1.5mとしています。

そして不快になってしまう空気の流れとならないように、しっかりサイズの計算をして選定しましょう。

まとめ

制気口のサイズの選定は少し計算しなければならない点もあるものの、参考にできる数値がカタログにも載っています。

よく作業する場所の近くに設置してしまうと不快感を感じるため、なるべく少し離す必要があります。

気になった商品があったらそこに載っている数値をチェックし、ベストなサイズと個数を選んで設置しましょう。

適切なサイズの制気口の選定なら空研工業

NO IMAGE
CTR IMG

〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122