制気口の選定方法は?制気口の特徴やおすすめをご紹介

「制気口とはいったい何?」「制気口の種類は?」制気口を設置する際に調べていくと、さまざまな種類が出てきます。
それぞれの違いや特徴がわからないこともあるでしょう。

ここでは、制気口の特徴や種類、選び方などをご紹介します。

制気口とは

ビルや病院などの建物はマンションや住宅とは違い、窓を開ける機会がほとんどありません。そのため、専用の機械で室内の換気を行う必要があります。

一般的に専用の機械は、見える部分には設置しません。その代わり、空気を取り入れる『吹出口』と、室内の空気を外に出す『吸込口』を室内や室外に設置しています。そして、この2つを『制気口』といいます。

吹出口は、専用の機械で温度と湿度を調節した風が吹き出す仕組みです。吹出口は室内に設置するため、さまざまな種類があります。デザイン性はもちろん、風向きや風量にもこだわることが可能です。

外気を取り込む吸込口は、室内と外壁に設置します。外壁に設置する吸込口は、丸型と角型の『ガラリ』を使用します。外に吸込口を設置する時、雨が吸込口から中に入らないようにしましょう。

また、室内に設置する吸込口は、吹出口から離れた場所に設置します。2つを離して設置することで、空気の流れができる仕組みです。吸込口から室内の空気を吸い込み、建物外や空調機に戻します。

フィルターを設置することによって、空気と一緒に吸い込んだほこりなどを取る働きもあります。室内に設置する場合、ユニバーサル型の吹出口と兼用して、使用することも可能です。

吹出口は以下の種類があります。

  • 床置き型吹出口
  • システム天井用吹出口
  • グリッド天井用吹出
  • 結露防止型吹出口
  • オート型温度センサー付吹出口
  • マルチ型吹出口
  • ライン型吹出口
  • ノズル型吹出口
  • ユニバーサルグリル吹出口
  • スリット型吸込口
  • ここからは、それぞれの特徴などを見ていきましょう。

    1.床置き型吹出口

    床置き型吹出口は、フロアーの床に埋め込むタイプです。特徴は、下から空気が吹き出すことです。冷房の冷たい風も下から吹出すため、足元が冷えやすくなります。

    また、ダクト工事は不要のため、工事が比較的簡単です。

    2.オート型温度センサー付吹出口

    オート型温度センサー付吹出口は、温度センサーがついている吹出口です。特徴は、ワックスが付いている点です。ワックスは冷暖房時に柔らかくなったり、固くなったりします。ワックスの固さが変化することで、風向きと距離の調整を可能にしています。

    さらに、電気を使わないため、電気代はかかりません。オート型温度センサー付吹出口は、操作が難しい高い天井に使用されます。

    3.結露防止型吹出口

    吹出口は『アルミ製』がほとんどです。アルミ製品は、結露をしやすいという特徴があります。

    そこで、結露防止型吹出口は、樹脂製のカバーやヒーターを吹出口に取り付け対策します。結露が付くと、ほこりがついたりカビの原因になるため、対策することは大切です。ただし、結露をゼロにすることはほぼ不可能です。

    4.システム・グリッド天井用吹出口

    システム・グリッド天井用吹出口は、システム天井用とグリッド天井用の2タイプの吹出口です。

    システム天井用は、天井部材であるTバーと平行に取り付けます。また、グリッド天井は格子状に取り付けます。窓からの熱を防止するために、窓に向けて風を吹き出す仕組みになっているのが特徴です。

    5.マルチ型吹出口

    マルチ型吹出口の場合、元々ある天井に取り付けることが可能です。コーンタイプとパンチングタイプに分かれます。

    コーンタイプは、吹出口を4方向まで指定できます。また、パンチングタイプは4枚の風向板が特徴です。4枚の風向板によって、4方向に吹出を替えることができます。

    6.ライン型吹出口

    線状の吹出口を、ライン型吹出口と呼びます。羽根が固定されているタイプと、動くタイプがあります。羽根によって、風向きの調節が可能です。例えば、工場などのエアカーテンに、ライン型吹出口が用いられています。

    7.ノズル型吹出口

    ノズル型吹出口の特徴は、風の到達距離が長いことです。そのため、ノズル型はコンサートホールのような広い空間や、吹き抜けなどで使用されます。

    8.ユニバーサルグリル

    ユニバーサルグリルは角型で、流線型の羽根が動きます。羽根が動くことで、風向きを変えます。

    9.スリット型吸込口

    見た目は、ユニバーサルデザインと似ています。違いは『羽根は長方形で固定されている』という点です。

    制気口の価格相場

    制気口は、サイズや素材など、機能が様々です。機能が多くついていたり、サイズが大きくなることで、価格が高くなる傾向があります。

    ここでは、3つのメーカーごとの価格を見ていきましょう。全てサイズは『300×300』の値段です。

  • 空研工業 ユニバーサルグリル:VHS or HVS(シャッター付) 8,010円
  • フカガワ ユニバーサル型吹出口 VH (HV) 型(アルミ製) VHS  8,490円
  • フカガワ  ユニバーサル型吹出口 VH (HV) 型(アルミ製) VHS二重枠 19,900円
  • 協立エアテック ユニバーサルレジスター(シャッター付) V(H)-S 10,900円
  • 協立エアテック フィルターレタン(シャッター付)SFTR-V(H)-S 21,900円
  • フカガワの価格帯は8,500円から20,000円です。また、協立エアテックは10,000円から20,000円という結果でした。

    素材やデザイン、機能、サイズなどによって価格は変動します。それぞれの制気口が適した場所などが記載されているため、価格と併せて参考にしましょう。

    制気口の選び方(選定基準)

    さまざまな種類の制気口があります。種類によって、風が届く距離や風向きの調整ができます。そのため、設置したい場所に合った制気口を選ぶことが大切です。

    ここでは、制気口の選び方をご紹介するため、参考にしてください。

    選び方1.設置場所

    制気口を設置することによって、空間を快適にする必要があります。制気口を設置する場所は、病院やホール、商業施設などさまざまです。建物によって天井の高さや、空間の広さ、利用する人が異なります。

    吹出口のタイプによって、風向きが調節できたり風が届く距離が異なります。設置場所によって制気口のタイプを決めることが大切です。

    選び方2.プロに相談しよう

    制気口を選ぶ際には、風量や風向きの計算をすると、さらに空間に合った制気口を選ぶことが可能です。しかし、計算をするには知識が必要です。

    そこで、設置したい場所に合った制気口を選ぶ方法として、プロに相談しましょう。プロであれば、設置する場所や設置する制気口のタイプなどを相談できます。しっかりと希望を伝えて、快適な空間づくりをしましょう。

    おすすめの制気口 8選

    制気口はいくつかのメーカーから販売されています。制気口は一つのシリーズでも、サイズがさまざまです。そのため、サイズによって値段が変わります。

    また、風向きの調整や風量調整、結露に対しての機能などの有無も製品によって違います。ここでは、おすすめの制気口を6つご紹介しますので、参考にしてください。

    1.ユニバーサルグリル型 (H型)(VH型)(VS型)(VHS型) 空研工業

    シンプルなデザインの吹出口専用のユニバーサルグリル。H型とVH型、VS型、VHS型があります。羽根は縦と横で構成されています。

    角度調整バーで、羽根の調整が可能。角度を調整することで、風の向きと到達距離も変更できます。シャッター付きや羽根の組み合わせで、さまざまなタイプに変更可能。サイズも豊富であるため、オフィスなどさまざまな場所で使用できます。

    金額については、確認が必要です。そのため、まずは相談しましょう。

    2.スリット型吸込口(SL型) 空研工業

    吸込口の形としてメジャーなスリット型です。さまざまな場所で使用できるように、縦羽根(V)型と横羽根型(H)、シャッター付きと種類が豊富です。

    点検口付きはV型とH型があります。また、簡易防火シャッター付きもあるため、必要な場合は相談しましょう。ただし、防火区画貫通部には使用できません。

    また、金額については見積りが必要になりますので、まずはお問い合わせください。

    3.ユニバーサルレジスター(シャッター付) V(H)-S 協立エアテック

    サイズが幅200mm×高さ150mmから1200mm×600mmまでです。タイプは縦羽根または水平羽根、縦羽根&水平羽根の3種類です。

    特徴は、拡散範囲と到達距離の調整ができます。また、風量調整機構が付いています。そのため、室内の状況に合わせて風を送りたい場所や、風量を調整することが可能です。

    設置場所は、主に病院やデパート、ホテルの客室、ホールなどです。サイズ展開が豊富なため、設置予定の場所に広さに合わせてサイズを選択しましょう。

    また、吹出口としての使用だけではなく、吸込口として使用もできます。

    4.ユニバーサル型吹出口 VH (HV) 型(アルミ製) HVF フカガワ

    サイズが21パターンあります。値段は一番小さいサイズで6,000円程度、一番大きなサイズで28,000円です。

    羽根は可動するため、縦方向か横方向にできます。必要であれば、結露防止のカバーの制作が可能です。ただし、風量調整はできません。こちらの商品はアルミ製のため、結露が付きやすい性質です。そのため、カビなどを少しでも発生させないために、結露カバーを検討しましょう。

    5.無結露・汚染防止型アネモ 多層コーン型可動式 協立エアテック

    ここまで紹介してきた制気口とは違い、大型の制気口です。そのため、値段も55,000円から90,000円となっています。4パターンでサイズ展開をしているため、さまざまな場所に設置することが可能です。

    特徴は、特殊な気流を作ることです。特殊な気流を作ることで、発生してしまう結露を発生させない仕組みです。その他には、風向きを変えることができたり、音が静かです。

    おすすめの設置場所は、厨房や地下鉄の駅、出入り口など空気や天井が汚れやすい場所です。また、汚染防止機構が付いているため、空気が汚れやすい場所に設置可能です。

    設置方法は、大型の制気口ですが、配線は不要です。さらに、保温工事が必要ありません。そのため、短期間の工事で取り付けが完了します。

    まとめ

    病院やビルなどの建物は、住宅のように窓を開けることができません。そのような時に必要になる物が、制気口です。

    制気口があることで、室内の空気を入れ替えることができます。制気口は、吹出口と吸込口があります。吹出口から風が出て、吸込口から空気を吸い込む仕組みです。

    製品によって素材や機能、サイズなどが異なります。設置を検討している場合は、設置場所の広さや、空間の使用用途などを確認しましょう。場所の環境によって、制気口を決めることが大切です。また、自分で決めることが難しい場合は、プロに相談することも方法です。

    NO IMAGE
    CTR IMG

    〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
    TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122