高機能換気とダンパーの意味とは?価格や選び方を紹介

ダンパーとは、空調設備などで換気をする際に大事な役割を果たすパーツの一つです。ダンパーと聞いて、どんなものなのかイメージできない方も多いのではないでしょうか。
ダンパーは、高機能換気の空調システムにとっても重要なパーツになっています。

この記事では、ダンパーや高機能換気とどんなものなのかや価格相場、選び方などを紹介します。

ダンパーとは

ダンパーは、直訳すると『空気調節弁』。
空気流量制御弁(開閉装置)ともいいます。
また、ダンパーには種類があります。

今回ここで主にご紹介するのは、空調用あるいは換気用の空気が流れる、ダクト中間に取り付けるもの。
主に風量を調節する装置になります。

もっと詳しくいうと、薪ストーブなどで火力調節用の空気の取り入れ口を開閉するための板のことです。
空気の流れを制御するため、開閉する羽のような構造をしています。

さらにダンパーには空調用と防災用があります。

空調用ダンパー

空調用ダンパーは快適な空調環境や環境問題解決を目的としています。
風の通り道である、ダクトの中を通過する空気を、色々な目的に応じて調節したり制御します。

ダンパーをパーツを表す記号

ダンパーの図面では、 各パーツごとに記号で表されており、この記号を覚えておけば使用する目的や日本語名などがわかりやすいです。

M

日本語名は『モーター』ダンパーは、モーター駆動で風量調節を行います。

V

日本語名は『ボリューム』手動で風量調節を行います。

C

日本語名は『チャッキ』空気の逆流を防止する役割があります。

H

日本語名は『排煙』 排煙系統のダクトに使います。

F

日本語名は『ファイヤー』温度ヒューズによって閉まり、空気の流れを遮断して延焼を防いでくれます。

S

日本語名は『スモーク』煙感知器と連動して閉まり、空気(煙)の流れを遮断します。

P

日本語名は『ピストン』消化ガスの放出圧力で閉まり、空気の流れを遮断する役割があります。

高機能換気とは

今回注目しているのが高機能換気のダンパー。
では、そもそも高機能換気とはどのようなものを指すのでしょうか?
換気設備では『高機能換気』と『通常換気』の2つがあります。

住宅やお店など室内で快適に過ごすために重要なのが、正しい換気。
十分に換気ができないと汚れた空気が室内に溜まってしまい、以下のようなトラブルが発生します。

  • アトピーや鼻炎の悪化
  • 二酸化炭素による頭痛
  • 結露発生によるカビやダニの繁殖
  • このように、換気不足は健康上にもよくありません。
    特に現在はコロナウイルスの影響により、店舗などではしっかり換気を行うことが重要視されています。
    そこで、換気の機能としておすすめなのが高機能換気のダンパーなのです。

    高機能換気を理解する上でまず知っておきたいのが、『第一種換気設備』。
    第一種換気設備とは、給気と排気を両方機械で行う換気設備のことです 。
    どちらかを自然に行うのではなく、 両方きちんと機械を通して行うことで、効果的に換気を行うことができます。

    ダンパーの価格相場

    ここからは、高機能換気のダンパーの価格相場を様々なメーカーで紹介していきます。ダンパーを購入するとなるとどの程度の予算が必要なのか、参考にしてみてください

  • 三菱電機 (MITSUBISHI) ダクト用システム部材 防火ダンパー (ステンレス製・ギャラリ・防虫網付) P-13FSQD5 ¥3,329
  • 高機能換気のダンパーの選び方(選定基準)

    高機能換気のダンパーを選ぶ際に、まず何に注目したら良いのかわからない方もいらっしゃるかと思います。
    ここでは、高機能換気のダンパーの選び方(選定基準)を紹介していきます。

    選び方1.住宅用or業務用で選ぶ

    高機能換気のダンパーには種類があることを解説してきましたが、まず前提として設置する場所に適応したものを選びましょう。

    設置したいのが一般の住宅なのか、それともオフィスビルなのか。
    特にダンパーは様々な種類があるので、必ず種類別の特徴を理解して選びましょう。

    選び方2.標準 or加湿ありを選ぶ

    高機能換気のダンパーの中には、標準の他に加湿機能が備わっているものもあります。

    冷房や暖房をつけると、空気が乾燥しがち。
    空気の乾燥は、風邪など病気の原因にもなります。

    そのため、快適な環境を整えるためにも適度な湿度が必要です。
    室内をより良い環境にするのであれば、加湿機能が付いているものを探しましょう。

    選び方3.省エネ換気に対応しているか

    高機能換気のダンパーの中には、省エネ換気ができる人感センサーがついており、人がいないときは自動で止まる機能が搭載されているものもあります。

    いまや、家庭用エアコンや照明でもこのような機能がついているものも多くあり、無駄な光熱費を削減することが可能です。

    ダンパーの選択時に気をつけたいこと

    通常、ダンパーメーカーでは特殊な環境で使用されることを想定していません。

    ここでいう特殊な環境は、腐食性のある特殊な空気が流れるダクトや、 機密性が必要なダンパーを使用しなければならない環境を指します。

    そのため、もし特殊な環境でダンパーを使用する際は、必ずメーカーに問い合わせをして選ぶようにしてください。

    高機能換気ダンパーを使用した換気システムおすすめ6選

    上記の選び方を踏まえて、おすすめの高機能換気ダンパーを紹介していきます。

    1.空研工業株式会社 一般ダンパー

    空研工業株式会社では、排煙・防火タイプや避圧タイプなど様々なダンパーを用意しておりますが、ここでは主に一般の空調換気システムで使われることの多い、一般ダンパーを紹介します。

    風量調節ダンパー

    ウォームギヤ式ハンドルがついているため、任意の位置に羽根の開度を変えられます。
    大きく分けると角型と丸型があります。

    内部気密型ダンパー

    SUSやゴムパッキンを用い、閉鎖時の漏気量を極めて少なくした型です。

    高気密型ダンパー

    シリコンパッキンと単翼構造によって、内外部の漏気量を極めて少なくした型です。

    モーターダンパー

    ダンバーと駆動部を一体化した型。
    連結棒の曲がりなど、トラブルがなくなります。

    2.ダイキン 全熱交換器ユニット ベンティエール

    空調といえばよくご存知の方も多いのが『ダイキン』です。
    ダイキンの全熱交換器ユニット ベンティエールには、部屋の用途や規模に合わせて、いろいろな形状やタイプの全熱交換器があります。

    熱と湿度を室内に戻し、さらに省エネで快適な空間を作ります。
    また、後付け設置用のものもあり、今よりもさらに換気量を増やしたい方におすすめです。

    3.日本スティーベル株式会社 ダクトレス熱交換換気システム LTシリーズ

    一般住宅におすすめの換気システムです。
    ダクトレスで裾付けが簡単なので、施工が非常に楽なところがメリット。

    また、省エネモーターを搭載しているため、光熱費の削減効果もあります。
    シンプルでエレガントな外観なので、どんな場所にでもマッチします。

    4.日本住環境株式会社 室内換気システム ルフロ400

    ルフロ400は、排気型集中換気システムです。
    大風量・超省エネ・超静音・コンパクト設計と、全てにおいて最高基準を誇ります。
    そのため、換気する環境に身を置く人全員に満足のいく快適な空間を実現します。

    5.株式会社共ショウ 全熱交換型24時間換気システム

    快適性と省エネ、どちらも両立させた計画換気システムです。
    『健康空気』を供給し、室内の汚染された空気を熱交換で屋外に排出してくれます。
    外気を室内の温度と湿度に近づけることで、お部屋の快適性を維持しながら24時間計画換気します。

    6.エディフィス省エネテック株式会社 デセントラル熱交換換気システム VENTOsan SP

    VENTOsan(ヴェントサン)は、ドイツにあるインヴェンター社の創業者、ペーター・モウザー氏が1999年に開発した熱交換換気システムです。
    壁に取り付けるだけのシンプル設計で、フィルター・ファン・蓄熱エレメントまでを、5工程で取り外し清掃が可能です。
    熱交換による省エネ効果とメンテナンスの容易さ、ダクト汚染の心配がないこともメリット。

    高機能換気設備等の導入支援について

    環境省では新型コロナウイルスの対策として飲食店等を対象とした『高機能換気設備等導入支援』を行っております。
    これは大規模な感染リスクを低減するための支援で、 高機能換気設備や空調設備などの導入費用補助してくれるという取り組みになっております

    中小企業の飲食店や、不特定多数の人が利用する施設が導入する際には費用の2/3を。
    上記以外の業務施設には1/2を補助するという内容です。

    また環境省は対象となる換気設備を導入した店舗の入り口に、高機能換気設備の導入を示すステッカーを貼るなどの検討もしているようです。

    まとめ

    高機能換気とダンパーについておわかりいただけましたでしょうか?

    特に空間を快適にするための換気は、新型コロナウイルス対策として重要視されています。
    これから高機能換気のダンパー及び空調システムの導入を検討されている方は、導入費用補助の支援を受けることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

    NO IMAGE
    CTR IMG

    〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2番39号
    TEL. 092-741-5031 FAX. 092-741-5122